求人の中でも人気のアパレルの営業職ですが、ファッション業界は特殊な業界という事もあり、実際に営業の仕事をするのにどんなスキルや能力が必要なのかは意外と知られていません。

やる気があれば未経験からでもチャレンジしやすいと言われていますが、実際にはどのようなスキルが求められるのでしょうか。

  アパレルの営業職には特別必要な資格はない

意外に思われるかもしれませんが、アパレルの営業職に就くうえで、特別必要な資格はないのです。
ファッションビジネス能力検定や繊維製品品質管理士など、営業として働くうえで持っていると便利な資格はありますが、これらの資格が必須というわけではありません。

むしろ、営業職で資格を持っている方の方が少ないかもしれません。
営業職が未経験でもチャレンジしやすいと言われているのは、資格よりも本人の能力や資質が重視されるからです。

  専門知識はあるだけ役に立つ

営業の仕事は、どれだけ相手に上手く自社の商品の魅力をプレゼンできるかが問われます。
そのためには、専門知識があればあるほど、仕事を進める上で役に立ちます。
たとえば、新作に対する営業アプローチも、その商品の知識を深く知っていれば、様々な戦略を立てることができます。

また、売上が思うように伸びなかったとしても、自社だけでなく、業界の専門知識があれば、トレンドの傾向や同業他社の動きなどから、売上回復の手段を見つけることができます。

どれだけ興味を持って専門知識を増やし、営業の戦略に役立てることができるかというのは、営業職にとって非常に大切なポイントです。

  コミュニケーション能力を鍛えよう

営業の仕事にとって最も大切なのはコミュニケーション能力です。
顧客はもちろん、社内の様々な部署や、販売スタッフとも関わることの多い営業職は、円滑なコミュニケーション能力が必須です。

特に、ファッション業界は個性やこだわりが強い方も多く、相手に合わせる柔軟性が求められます。
営業の仕事を上手くこなすには、対人関係をしっかり築くのが第一です。
積極的に自分から相手との関係を深めていくように、コミュニケーション能力を鍛えていきましょう。

  この先のアパレル業界で求められる語学力

昔と違い、ファッションの世界も国際化が進んできました。
自社の製品を海外で生産するだけでなく、海外での店舗展開を行うメーカーも増えています。
そのため、語学力のある営業は、非常に重宝されます。
特に、英語や中国語の語学力スキルがあれば、社内でのキャリアアップにも大いに役立つでしょう。