アパレルの分野は、流行の最先端で働く華やかな業界です。
そのため、営業の仕事でも特別な能力が必要と思われがちです。

しかし、営業として働くのに特別な資格は必要ありません。
必要なのは、その人が営業に向いている能力を持っているかどうかです。
どんな人が営業職に向いているか、具体的にまとめてみました。

  人の話を聞くのが得意な人

アパレル営業は、自社の商品を営業販売するのが主な仕事です。
自社の商品のニーズや、営業先の要望などを知るためには、しっかり相手の話を聞いて、理解する力が必要です。

そのため、人の話を聞くのが得意な人は、営業に向いています。
相手が何を求めているか理解するためには、洞察力をはじめとした「聞く力」が求められます。
人の話を聞くのが得意な人は、相手にとっても好印象なので、相手との信頼関係も築きやすく、いい営業として成長する可能性が高いです。

信頼関係は仕事を円滑に進めるために非常に重要です。
相手の話をしっかり聞いて、質問には的確に答えるように心がけ、会社の代表として、常に顧客の信頼を得られるように努力しましょう。

  コミュニケーション能力が高い人

営業活動では、人とのコミュニケーションが第一です。
人と接することが好きな方は、どんな業界でも営業職に向いています。
アパレル会社は、基本的に自由な雰囲気の会社も多いため、堅苦しい事務的な雰囲気より、柔らかく親しみやすい雰囲気が好まれます。
相手に合わせて営業スタイルを変えていける器用さがあると、ファッション業界の営業としては有利です。

営業をする際に陥りがちな失敗は、顧客の要望をくみ取るよりも、自分の営業ばかりを優先してしまい、結果的に仕事が上手くいかないというケースです。
コミュニケーション能力を磨いて、顧客が話しやすい雰囲気を持てるようになりましょう。

  粘り強い諦めない気持ちを持っている人

営業職は、売り上げを上げることが仕事です。
しかし、常に目標に対して簡単に成果を挙げられるとは限りません。むしろ、営業として慣れないうちは、失敗ばかりという事もあります。
どんな失敗をしても諦めない、粘り強い気持ちを持っている人は、将来的に優秀な営業として成果を挙げられるでしょう。

しかし、すぐに諦めてしまう人は、あまり営業には向いていません。
たとえ失敗しても、顧客へのアプローチ方法を変えてみたり、自分の知識を増やしてみたり、売り上げを上げるための努力ができる粘り強い気持ちが大切です。